スピリチュアリズムの源流

 

 

 こんにちは、秋山です。

 

 今回は、空前の世界的ブームに発展したスピリチュアリズムの源流とも言える時代、1850年代のお話に遡ります。

 

 スピリチュアリズムは、霊性運動などと翻訳され、ある種の広報性、主張性を伴った霊や見えない世界を信じてもらうための運動と捉えられることが多いようです。

 

 その意味においては、1858年にフランスで、スピリチュアリズムをテーマにした新聞『スピリット評論』が創刊されたことが、この運動の始まりであるとアーネスト・トンプソン(イギリス最大のスピリチュアル団体の連合体であるSNUの教育担当理事)は語っています。

 

 この新聞を創刊した人物こそ、アラン・カルデックなのです。

 

 彼は1804年、フランスのリオンで誕生し、教育者としてたくさんの業績をあげました。彼が教鞭をとった内容は物理学、化学、解剖学、天文学にまで広がっています。1855年ごろから、心霊現象に真面目に取り組むようになったといわれています。彼はこの新たなる科学的テーマが、人類の未来を照らす光明になることを主張しました。

 

 その著書『霊媒の書』は、2015年にわが国で本格的な翻訳書が発行され、大変示唆に富んだ内容を日本語で楽しむことができるようになりました。その中で、カルデックは能力者の性質とその分類において、詳細な体系を記しており、その内容は、私の能力者としての45年以上の経験から見ても、とても誠実で、多くのデータと向き合ったことがわかります。

 

 精神世界で、こういったスピリチュアリズムの研究者が、当時ほど、この近代において注目されていない理由はいくつかあります。研究者は、得てして、能力者の上に立ちたがり、コントローラーとして、能力者を味方につけたがる傾向がどうしても拭えず、結果、能力者との激しい対立を生んだり、自分が心酔したり、利益関係のある能力者のみを本物と主張し、己に寄り添わない能力者に対しては、激しく排除、批判する傾向があるのです。

 

 この忌まわしい習慣は、ネットを見る限りにおいても、現代の精神世界に受け継がれていると言わざるを得ません。確かに、能力者は、他人にわかってくれという気持ちが強く、原理主義的な「私は正しい」という主張を、根拠もなく、激しく繰り返す傾向が拭えず、その話を丁寧に聞こうとする研究者に疎んじられる側面があります。

 

 ただし、研究者が一見、喜びそうな話をし、わかりやすい物理現象に見えるようなインチキ手品を披露する能力者モドキに、かえって研究者が騙されやすい気持ちもわからないでもありません。

 

 研究者と能力者が、ともに協和し、きちんとしたメディアシステムを構築できたらよいのにと思います。

 

 

 

 ※画像は、秋山氏の事務所に飾られていた不思議な絵。天使が印象的です。

 

 

あけましておめでとうございます

元旦、0時。

地元の古い稲荷に行きました。

 

電球の明かりがシンプルで美しく、青く見える石の鳥居と

赤い鳥居が、「やすらぎの日本」の原風景を見せていました!

 

稲荷は、動物霊などではありません。

きちんと宗教学を勉強すれば、それがとても古い願望実現と祈念力の神で、

もとは、ペルシャから来ていることがわかります。

 

 

 

 

天神様は、道真様が神格化した天分の運行と学問心理の神。

八雲様は、大氣万象の元素霊質、八力八卦の主神です。

タイミングの奇跡を司る神様です。

みなさまの成功と勝利と安心を祈念します。

 

 

 

荒神様とよく言われますが、「時間」の神様です。

時神、年神を味方にして生きているのが人間です。

時間は敵ではありません。恵みそのものです。タカラモノです。

神と寄り添い生きる、この国の文化は、静けさの中を

宝物を深く知る黄金文化です。

 

 

 

宗教学を学びました!

 

 

 こんにちは、秋山です。

 

 私はこの数年、大学院にて、宗教学を学び、修士論文を書きました。この歳であらためて、学問側の作業を集中的にやるというのは、とてもスリリングな作業でした。しかし、キャンパスで学生気分を再度味わうというのは、甘酸っぱい青春期に戻ったようで、ワクワクするような側面もたくさんありました。

 

 私がテーマにしたのは、在野の超常現象研究家の中でひときわ異彩を放っていた井村宏次氏が、その著書の中で触れた霊術家という明治以降、日本に群雄割拠し、注目を浴びた霊的能力の実践者たちについてでした。

 

 私は、主に大正期に活躍した研究者・実践者に絞って、研究を開始したのですが、当時、そういった人々は、文献を当たると、数万という数で存在し、医師や弁護士、社会教育家など、知的水準の高い人たちが、多いことを知りました。

 

 しかし、学問の対象にすることは大変難しい問題があり、まず、生没年がわかっていること、テキストや記録が残っており、その理論や方術の内容を追跡できることなどが必要でしたので、結局、10名前後の大正期に注目された霊的実践者の人生を追いかけました。

 

 結果、面白かったのは、当時の彼らの心理的な立ち位置が現在のスピリチュアルに関わる日本人の立ち位置と大変よく似ているという点が、浮き彫りにされたことです。私は彼らの主張の中で、その論理展開が、より学問的なものを目指そうとしているのか、呪術的な方法論を伝授しようとしているのかで、学問的志向呪術的志向という具合に、まず2つの方向性に分類しました。

 

 そして、さらにそれと交わるように、彼らが霊的世界や神の意思などの不可知なものに動かされていると信じているのか、それとも自分の法力の呪術性はあくまでも自らの中にある可知論的エネルギーであると考えるのか、これを横軸のベクトルとしました。

すると、当時の霊術家の多くは、可知論に寄り添おうとし、自分の呪術をテクノロジーとして捉え、未知なる力を後々、将来的にコントロールし得るもの、つまり、霊的な力が人類の科学によって、解明されるような性質のものであると考えながら、それでもなお、伝統的な呪術的ヒーリング、願望実現のための祈祷、人生相談などを生業としたことがうかがえました。

 

 現在の我々はどうでしょうか。多くの人が大学に進学し、学問を身につけようとし、基本的には、不可知なもの、神や霊界やオカルトには近づかないよう、非受容的、批判的な態度を取る人が多いのにも関わらず、初詣に行き、墓参りに行き、ハロウィンを祝う、いわば、呪術的な意味で霊的な力との合一や、運の向上を祈り、祭りに関わるということが常態化しています。私たちは気がつくと、可知論の中で生きようとしながらも、呪術的な文化を切り離すことができないでいるのです。

 

 私からすれば、私たちの心の中に、生まれた時から、不可思議な力を、見えない力を常に感じているセンサーが働いていて、それこそがとても人生の幸福において、大切であると知っているからではないかと思います。そういう見えない力と、見える学問の狭間で生きている私たちは、迷える子羊ではなく、実はとても幸せな生き物なのではないかと感じることがあります。

 

 

※画像は、平成27年に世界孔子協会(会長は稲盛和夫氏)が秋山に授与した孔子超能力賞の証書

 

 

 

 

伊豆へ

今日はいつもお世話になっている顧問先の社員旅行で、伊豆稲取へやって来ました。

良いお天気です!!

 

 

 

 

宿の前に広がる、穏やかで美しい海。

オーシャンビューです!

 

 

 

夜の宴会では、ご指名をいただき舞台上で

社員の皆様に、お話をさせて頂きました。

 

 

 

翌日は、街中に祭られていた王子稲荷に訪れました。

海岸の街の祈りのカタチですね。

 

 

何年かぶりの動物園では、時間を忘れて楽しく過ごしました。

カピパラ一家に入れて頂き、記念撮影です・・・。

 

 

親子のホワイトタイガーは、遠い故郷を想っているのでしょうか・・・?

運の良くなる写真ですよ。

 

 

 

キリンのまつ毛は長い?!

このキリンから、私はどのように見えているのでしょう・・・

 

 

つかの間の時間でしたが、大変楽しい時間でした!!

 

 

 

 

 

大きな自由を感じていたい

 

 私は、精神世界を体験し、そして、学び、とにかく大きな自由を感じていたいと思うようになりました。

 

 今ある自由は、それはそれでおもしろいし幸せなのですが、「さらに大きな自由がある、大きな喜びがあるということを、いつも忘れないように生きたい」と思うようになりました。

 

 しかし、自由という視点から精神世界を眺め直すと、不自由不自在の権現のような人達が、少なからず、闊歩しているのも目立って見えてきてしまいます。

 

 

(1)肯定派であれ、否定派であれ、自分は全てを見抜くご意見番であり、私の視点は絶対に正しいという自己中派。

 

(2)精神世界に救われたいのだが、いろいろなところに行ったけれど、救われない。あなたはどう救ってくれるのかという救済丸投げ派。

 

(3)私には、すごい能力があって世界一なんです。当然わかりますよね?という絶対回答投げかけ派。

 

(4)単純に、何をしてよいのかがわからないし、精神世界に入ったら余計混乱したという不安カオス派。

 

 

 

 この4種の人々は、精神世界に多いタイプですが、どれが良い悪いというわけではなく、それぞれが今の自分にふさわしい不自由不自在を修行しているようにも思えます。はやく自由で楽しい世界にたどり着けるといいですね。

 

 

※画像解説

1986年6月22日 『超能力大全』の著書で知られるアレックス・タナウス博士と談笑する若き日の秋山 

 

 

 

 

精神世界を楽しむためには

 

 精神世界において、この不思議な世界に関心を持たれる方の中には、様々な分野のエキスパートがいます。

 

 ホンダの本田宗一郎さんは、最晩年、「UFOを作りたいなぁ」とおっしゃっていましたし、SONYの井深大さんは「超能力を解明すべきだ」として本社内にエスパー研究室を作ってくださいました。

 

 南こうせつさんや細野晴臣さんは、よくUFO研究の集まりに顔を出してらっしゃいました。後に、さだまさしさんやユーミンさんとラジオ番組をやった時は、とても楽しかったです。彼らはびっくりするくらい、精神世界のことを愛しており、深い造詣をお持ちだとも感じました。

 

 人生を掘り下げて味わおうとしたならば、精神世界に関心を持たない人はいないでしょう。最近、高齢化が進む中、私のようなスピリチャアルなアドバイザーに対しても、人々の質問内容が変化してきています。

 

 実は、最近多いのは、「これから、精神世界の探求を始めたいが、どの宗教に入ったらよいでしょうか?」という質問です。ちょっと苦笑いです。

 

 まず、この世界を楽しもうと思ったら、長く生き残っている研究者や実践者の本を、最低でも20〜30冊は読んでみるとよいでしょう。できれば、肯定的な本と否定的な本をあわせて読まれるとよいと思います。

 

 肯定的な本で良書と思われるのは、寺沢龍著『透視も念写も事実である』や井村宏次著『霊術家の黄金時代』などが面白いと思います。また、否定派の本であれば、カール・セーガン著『カール・セーガン 科学と悪霊を語る』、またさらに、宗教をとりあえずバランス良く学んでみたいと思うなら、小室直樹著『日本人のための宗教原論』などもおすすめです。

 

 実はここにあげた本は、どの本の内容も強力で肯定派の本を読めば、一生肯定派でいようと思ってしまいますし、カール・セーガンの本は、超常現象など何1つ信じられないと思ってしまいます。そして、小室直樹さんの宗教原論は、宗教のすべての裏事情がわかったと思ってしまいそうになります。

 

 しかし、私からすれば、これらは全て、大きな知の大道に至る入門書でしかありません。ぜひ、これらを読んだ上で、これらの本のすべてを超えることができたら、おもしろいと思います。

 

 

※画像は、ユリ・ゲラーとくつろぐ秋山。2011年11月13日 ホテルニューオータニにて

 

秋のパワスポ巡り(銀座)

今日は本当に良いお天気になりました。

恒例の秋のパワスポ巡り、今回は「銀座」です。

歌舞伎稲荷から、銀座の稲荷を巡る、

パワースポット体験ツアーの始まりです!!

秋山眞人が皆様をご案内します。

 

 

 

 

歌舞伎座のウラ、オモテの顔と違う、とても静か通りが広がっています。

 

 

 

宝珠をテーマにした稲荷です。

宝珠に願いを叶える、心の力のシンボル

ビワとしだれ桜が入口を飾ります。

 

 

 

ビルの谷間に、まるで京都のような風景が・・・

あづま稲荷ののぼりが、はためいていました。

 

 

 

 

近代的なGINZA SIXのビル屋上は、多くの植物で溢れ

峺鄲臾誠整隹戮銀座の街を見下ろしているかのようです 。

 

 

 

 

GINZA SIXビル屋上に咲く、10月桜!!

秋に咲く桜もあるのです。自然界は驚異の連続ですね。

 

今回は、歌舞伎稲荷、宝珠稲荷、朝日稲荷、あづま稲荷、豊岩稲荷、

峺鄲臾誠整隹戮砲邪魔しました。

沢山のパワーと癒しを頂けて、ありがとうございました。

この後は、皆さんお楽しみのお茶会へ移動します。

 

 

大切な時間と空間

 

 今回、布施泰和さんとのコラボレーションとの書『Lシフト』の本がようやく世に出ました。

 

 「こんなに、秋山さん、SNSから何からたくさんの発信をしていて、本なんかす出す必要ないじゃないですか」と言われることもありますが、やはり、活字の味わいというのは、楽しいものです。

 

 本を出すたびに思い出すのは、東京の会社に就職した時に、いくつかの部署の統括を兼務したのですが、7年間、出版部長をやり続けた思い出です。ムック(書籍形態の雑誌)形式の本で、世の中に出始めたばかりの、精神世界のリーダー達を取り上げ、楽しい本を作り続けていました。

 

 「バシャールをどうしても紹介してほしいんだ」と言って、1年間、連載をしてくれた喜多見龍一さん(後のヴォイス社主)、まだ大蔵省の財政金融局長在籍のエリートであったにも関わらず、自分のニューエイジ体験を書いてくれた山川さん(後のシャーリー・マクレーンの訳者)、そして、今回の布施泰和さんも著者の1人で、実は当時、共同通信の記者で私のところにインタビューに来た人でした。

 

 彼らは、今や精神世界をリードする大御所となり、宜保愛子さんをはじめとする幾多の霊能者ブームもあり、精神世界も驚くほどの変容を遂げました。

 

 私が体験した70年代のスプーン曲げブームからしたら夢のようです。当時は、何か研究したり、掘り下げるにしても、資料が限られていて、ムーも創刊されていませんでした。

 

 この前、古い写真を整理していたら、平野威馬雄さん(料理研究家、平野レミさんのお父様・故人)や、並木伸一郎さん(超常現象研究家)、荒井欽一さん(UFO研究家の大御所・故人)、藤本憲幸さん(ヨガ行者、UFOをテレパシーで呼ぶ力を持つ・故人)などという、錚々たる面々が一堂に会したイベントに10代で参加した時の記念写真が出てきました。

 

 また、後に創刊されたムーの編集部をお邪魔し、当時の編集長だった太田さんと超古代史研究家の高坂和導さん(故人)と写った写真なども出てきて、涙が出るくらい懐かしかったです。時代も人も変わったり、いなくなったりしますが、大切な時間は、そして大切な空間は、心の栄養となって、生き続けるのですね。

 

 あらためて、そこでの会話、そこで学んだこと、わかったこと、感じたことなどを語り継がなければと思いました。

 

 

※画像は、昭和49(1974)年に開催された宇宙人特別講演会のもの

 

 

 

 

 

蒸溜所へ

こんにちは。

 

秋の気配が一段と濃くなってきましたね。

私は、山梨県のサントリー白州蒸溜所に行ってきました。

 

白州のブランドウィスキーは、外国人の間で超人気らしく、なかなか入手困難なお酒となってます。

実は、この建物の中には「神秘と科学」と題された、中世の錬金術師の部屋を再現した場所があり、それがココです。

 

 

 

 

錬金術師には、様々な形の道具が使われていて面白いと思いました。

心理分析家のユングは、これらが人間の魂の成長と浄化の過程を示していると考え、そのシンボルとしての研究をしています。

 

人間の心は人生という実験場で、魂の黄金化に挑戦しているのです。

魂の黄金化とは、すなわち、幸せになること。

「余分」を取り除き、人や物との素敵な化学反応を味わうことでしよう。

 

 

 

 

これは、サントリーが開発した明治西洋化のシンボルともなった「赤玉ポートワイン」の初期ボトルです。

写真の女性のセミヌードのポスターは、本来はもっと大きなもので、アンティークの世界では出てくれば1000万円位と言われています!!

サントリーは、最初から人間の心を揺さぶるような映像コマーシャル戦略を進めてきたのですね。

 

 

 

 

サントリー白州蒸溜所のロビーにある、お酒を造る大きな装置です。

和の酒を造る名産地で洋酒を作るということは、多くの人々の情熱と奇跡が積み重なった結果、出来たことなのでしょう。

ここには、今も沢山の人々の喜びと努力の姿があります。

皆さんもお近くに行く機会があったら、是非訪問してみてください!!

 

 

 

パワスポ巡り銀座のお知らせ

 

銀座のパワースポット

 

銀座とは、お金を作っていた街です。

 

【豊かさ】【願望実現】が、キーワードで多くの成功者の【祈り】が籠っているいる場所なのです。

 

【美しさ】【あたたかさ】【夢】そして、【厳しさ】も同居している、それが「ザ・銀座」です。

 

 

そんな銀座で、パワスポ巡りを開催します!!

 

11月11日(日)、秋山眞人の案内でディープな銀座を歩いてみませんか?

 

街歩きの後には、秋山を囲んでのお茶会も予定しています。

 

少人数での開催になりますので、定員に達しましたら締め切らさせて頂きます。

 

参加を希望される方は、秋山公式HPからメールでお問い合わせ下さい。

 

 

朝日稲荷は、明るい開放的な稲荷。

 

主に、「自由という豊かさ」を促してくれます。

 

 

近代性と伝統を兼ね備えたビルに、堂々と祭られた稲荷。

 

変化を恐れない「ゆとり」を守る力があります。